FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坑道の先に

2007-07-22 (Sun) 12:03[ 編集 ]

Warageにはイルヴァーナ渓谷とガルム回廊とを繋ぐ坑道が存在する。
実はこの坑道、ドワーフ族がエルガディンのために掘り進めたものである。
Preの渓谷では広大な採掘場と独自の生産力で勢力を広げていたドワーフ達。
10年後のドワ村のあの無残な姿に至るまでには何が起こったのだろうか。

ドワーフ達の生産力の素晴らしさはご存知であろう。
銃器の発明や採掘技術、建設技術など生産力の点ではダイアロスのどの勢力をも凌駕する。
しかしそんなドワーフ族が衰退の一途を辿る事となる原因はタイタンageにあった。

・・・突如現れた巨人、恐るべき魔物達。
ドワーフの村が巨人達に踏み潰されるのは一瞬だった。
抵抗も敵わず、ただ殺されていくドワーフ達。
ギガス堀場で採掘をしていた者達はほとんどが命を落とした。
成す術をなくしたゴッドファーザー達、諦めかけたその時
竜にまたがるキャプテンリゴス達がドワーフを救ったのだ。

実際タイタンのナジャ砦にはゴッドファーザーや狙撃手ドワーフ、情報員ドワーフなどがいる。
(残念ながらシークレットサービスはいない)

ゴッドファーザーは言う。
リゴスには、借りができた。
ここにいるものは、エルガディンの民に対しては協力を惜しまないつもりだ。


残されたドワーフ達は命を救ってくれたエルガディンのため独自の技術で
エルガディンの裏通路を完成させ、ガルムへの坑道を掘り進めて行く。



育てていた、果物や野菜は全て燃やされちまったよ。
また、大きな農園でも作ろうかね。すべてやり直しさ。
”(ドワーヴンパンク)
一族が、何代も掛けて掘った場所だったが
また、初めからやり直しだ。
”(鉱夫ドワーフ)

仲間を、村を、多くのものを失ったドワーフ達。
坑道を掘り進める者達の瞳はその先に何を見つめていたのだろうか。

エルガディン兵は今日も坑道を突き進む。ドワーフ達の想いも乗せて。

スポンサーサイト

コメント

お久しぶりの世界観の更新、お疲れ様でした~
ドワーフとは、なかなかマイナーな所を攻めていらっしゃいます(笑
次の更新も楽しみにしておりますね~(^^

くどりゃふかちゃんは俺の嫁!

>>Kudryavkaちゃん
いつもご丁寧に書き込みありがとうございます。
応援のコメント頂けるとまた次のネタを考えようという
モチベーションの維持になり大変ありがたい!
>>HMR
何この人気持ち悪いんですけど^^;;

おそらく、くどりゃふかさんと勘違いなされているのかと~(笑
わたしはKudryavkaです~

最後まで、違和感なく読んでしまったし、、
記憶にすり込まれた可能性が、、(^^ゞ

>>Kudryavkaちゃん
HMRは変態なんでいつもこのブログのコメントに丁寧に書き込んでくださるKudryavkaちゃんを見ていて勝手に自分の嫁なんて妄想をしてしまったようです。通報しておいたのでご安心ください。
>>さわさん
違和感!?よく分からないけど読んでくれてありがとう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pecomoe.blog106.fc2.com/tb.php/15-4e969155

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。